大切なお家を守りましょう

鈴木です。ご自宅の床下って見た事ありますか?なかなか見る機会はないと思います。でも、「最近、廊下を歩くと床板が軋む」「和室を歩くと畳が沈む」「春頃に浴室や玄関で大量の羽アリが発生した」などの経験があったら、それはシロアリの可能性大です。先日、とある御宅の床下調査に行って参りました。結果、シロアリの食害が確認されました。床下調査でまず確認するのは「蟻道」です。シロアリは光や乾燥を嫌うため、土に自分の分泌物を混ぜ合わせたトンネルを作り、その中を進んで行きます。食害にあった木材は、表面上は分かりづらいですが、内部はスカスカの空洞状態になります。これによって、家屋の強度が低下し、最悪の場合倒壊してしまいます。大切なお家を守るため、不安に感じる事がありましたら是非一度ご連絡ください。ダスキンでは、調査.見積り無料にてお伺いさせていただいております。

1「蟻道」(矢印)
2「蟻道」を削ると、シロアリが確認されました。(赤枠)
3シロアリの食害により、内部が空洞状態の木材

ダスキンウォンツ ターミニックスの最新情報をお届けします

次の記事

研修三昧🥵